本文へスキップ

  

 

こども達の発明を応援します

こども発明プロジェクトは、こども達の発明を応援します。 We assist children's invention.

こども達×発明=未来!
Children x Invention = Future!

このウェブサイトは、日本語と英語で併記されています。その理由は、子供たちに英語に慣れ親しんで欲しいという思いと、このプロジェクトを海外にも広めたいという思いからです。
This website is parallely written in Japanese and English such that children are get used to English. Further we would like to expand this project in the foreign country.

こども発明プロジェクトとは?What is Children Invention Projects(CIPs)?

商品イメージ


こども発明プロジェクトは、小学生から高校生までのこども達が生み出したアイデアを、無料で特許出願しようとするプロジェクトです。こども発明プロジェクトは、日本人弁理士によって運営されています。
我々は、こども達の発明を広く募集しています。お気軽にお問合せください。

商品イメージ


Children Invention Projects (CIPs) intends to file a patent applications (without fees) for ideas created by children who are students from elementary to high school. CIPs is operated by Japanese patent attorneys.
We widely looking for children's inventions. Please feel free to contact us.


トピックスTOPICS

2017/06/25

長野県の高校生3年生鈴木雅人さんから、タイヤチューブに関する発明をお受け致しました。ちょっとした工夫でパンクを防止できるそうです。書類の作成を、弁理士の新宮正浩先生にお願い致しました。
We received a case of an invention relating to a tube for tire from 3rd year high school student in Nagano Pref. The invention intends to avoid puncture by slight modification. We asked Mr. SHINGU Masahiro, Patent Attorney, preparing necessary documents.

2017/04/15

井上優太さん、井澤雄馬さん、北島達成さん、野口サンチアゴさん、藤川一樹さん、林厚志先生の6名から、プロジェクトへの支援金を頂きました。彼らは、長野県駒ヶ根工業高校の卒業生及び先生です。我々のプロジェクトは、彼らが開発した容器洗浄機の発明の、日本及び米国での特許出願を支援しました。
かれらは2015年に卒業して様々な企業で活躍しており、今回はお給料の中から支援金を寄付して頂きました。また、支援金の他に、関係者全員の名前が刻まれたメモリアルプレートも頂きました。皆さんのお心遣いに感謝致します。
We received a financial support from 6 persons, Mr. Yuta INOUE, Mr. Yuma ISAWA, Mr. Tatsunari KITAJIMA, Mr. Santiago NOGUCHI, Mr. Kazuki FUJIKAWA and Atsushi HAYASHI. They are graduates and teacher of Komagane Technical High School in NAGANO. Our project assisted filing patent applications in Japan and U.S.A. for the invention, “A CONTAINER WASHING APPARATUS” developed by them.
They graduated in 2015 and are working in each company. They donated us the financial support from their salaries. In addition, we received Memorial Plates on which all of participants are indicated. We really appreciate their solicitude.

2017/02/15

高林亮太君の「筆箱」の発明をプロジェクトで支援して特許出願しました (特願2017-025486 2017/02/15)。亮太君は、つくば市立吾妻小学校2年生です。書類は弁理士馬場資博先生に作成して頂きました。この発明は、学校の狭い机を広く使えるように、筆箱に教科書を立てかける事ができるものです。第18回全国ジュニア発明展 (http://www.expocenter.or.jp/?post_type=invention&p=25937)でつくば市長賞を受賞したそうです。
Our project assisted filing a patent application for the invention of “Pen Case” developed by Mr. TAKABAYASHI, Ryoto (No. 2017-025486 Feb. 15, 2017). He is second year grade in Tsukuba City Azuma Elementary School, in Ibaragi Pref. The patent application documents have been drafted by Patent Attorney, Mr. BABA, Motohiro. In this invention, a textbook can be leaned on the pen case so as to widen usable area of top of a desk in school. He received a Mayer Tsukuba City Award in 18th Japan Junior Invention Exhibition (http://www.expocenter.or.jp/?post_type=invention&p=25937).

2017/01/22

昨年、長野工業高校3年生の久保颯紀君の「燻製器」の発明を、我々のプロジェクトで支援して特許出願(特願2016-228343号)しました。彼と同級生達は、およそ100セットの燻製機を作って販売し、その利益(約10万円)を熊本地震の被災者のために寄付したそうです。
Last year, our project assisted to file a patent application (JP2016-228343) for the invention relating to a "Smoking Cooker" developed by Mr. Satsuki KUBO, third year grade in Nagano Technical High School. He and his classmates made and sold about 100 sets of the smoking cooker, and donated a profit (approx. US$ 870) for victims of the KUMAMOTO Earthquake.

2016/10/26

長野県立長野工業高校3年生の左右田一輝(そうだかずき)君が考えた、釘先ガードの発明を特許出願しました(特願2016−210061号)。この発明は、薄い壁を突き抜けた釘の先端をカバーして、釘の先端で人が怪我をするのを防止するものです。
We filed a patent application of a Nail Tip Guard (Application No. 2016-210061) developed by Mr. SOUDA Kazuki, 3rd year grade in Nagano Technical High-School in Nagano Prefecture. This invention intends to avoid injury with the nail tip by covering the tip of the nail penetrating a thin wall.

2016/10/10

こども発明プロジェクトが、日本テレビのニュース番組で紹介されました。放送中、印紙代14000円がかかるとコメントされましたが、この印紙代もプロジェクトが負担しています。
Children Invention Projects has been shown in a TV news program of the Nihon Television. On air, it was commented that the government fee of 14000 yen (approx. US$140) is required, however, our project also incurs the government fee.

2016/10/4

新宮正浩先生が、協力弁理士としてプロジェクトに参加してくれることになりました。
Mr. SHINGU, Masahiro joined our project as a cooperative patent attorney.

2016/9/30

長野県の高校生から建築関係の発明をお受け致しました。建物内での怪我を防止する発明です。書類の作成を、弁理士の阿久津勝久先生にお願い致しました。
We received a case of an invention relating to construction from high school student in Nagano Pref. The invention intends to avoid injury in a building or a house. We asked Mr. AKUTSU Katsuhisa, Patent Attorney, to draft necessary documents.

2016/9/20

長野県の高校生から燻製器の発明をお受け致しました。美味しい燻製が作れるそうです。書類の作成を、弁理士の大倉奈緒子先生にお願い致しました。
We received a case of a smoking cooker from high school student in Nagano Pref. I heard that it can make delicious smoked food. We asked Ms. Naoko OHKURA, Patent Attorney, to draft necessary documents.

2016/8/22

プロジェクトが支援したアメリカ特許出願が公開されました。
The U.S. patent application assisted by our project has been published.

2016/8/21

プロジェクトが支援した4件目の特許出願が公開されました。
The 4th patent application assisted by our project has been published.

2016/8/20

小学生の女の子から依頼を頂きました。発明は、風で飛ばされない構造のバーベキュー用の紙皿です。弁理士の野崎久子先生に書類の作成をお願いしました。
We received a case from an elementary school girl. The invention is a paper dish used for BBQ which does not get blown away by the wind. We asked Ms. Hisako NOZAKI, Patent Attorney, to draft necessary documents.

2016/7/24

こども発明プロジェクト及び協力弁理士の玉利房枝先生と大倉宏一郎先生が、日本弁理士会の会誌「PATENT」に紹介されました。
Children Invention Projects, and cooperative patent attorneys, Ms. Fusae TAMARI and Mr. Koichiro OHKURA were shown in the magazine of the Japan Patent Attorney Association, named "PATENT".

2016/7/19

北海道の中学生の発明について、特許出願の依頼を頂きました。彼の家は神社で、神社ならではアイデアです。書類の作成を弁理士の渡邊誠先生にお願いしました。
We received a case of the invention created by a Junior high school student lived in Hokkaido (North end of Japan). His house is shrine and his idea is specialized for shrine. We asked patent attorney, Mr. Makoto WATANABE, to draft necessary documents.

2016/6/30

プロジェクトが支援した3件目の特許出願が公開されました。
Third patent application assisted by our project has been published.

2016/6/5

プロジェクトが支援した2件の特許出願が公開されました。
Two patent applications assisted by our project have been published.

2016/5/9

こども発明プロジェクトが、NHKの朝のニュース番組で、ちょこっと取り上げられました。
Children Invention Projects was shown in a little bit on the morning news TV program of the national broadcasting station (NHK).

2016/4/7

小学校3年生の洞口未佳さんの発明「物干し装置」を特許出願しました。
We filed a patent applicaiton for the invention "Laundry Equipment" developed by Ms. HORAGUCHI, Mika, Elementary School 3rd grade student.

2016/4/4

小学校3年生の中村匠君の発明「魚の骨除去補助具」を特許出願しました。
We filed a patent applicaiton for the invention "Fish Bone Separating Equipment" developed by Mr. NAKAMURA, Sho, Elementary School 3rd grade student.

2016/3/13

プロジェクトによるアメリカ特許出願の記事が2月25日付けの信濃毎日新聞に掲載されました。
An article of the US patent application assisted by our project has been published in the SHINANO MAINICHI newspaper dated February 25, 2016.

2016/2/11

我々は、プロジェクトによる最初のアメリカ特許出願を2016年1月13日に行いました。発明は、長野県の高校生によって開発されたものです。この出願は、アメリカ特許弁護士のヒルトン・マイケル先生と、彼の秘書であるデュナウェイさんの支援により実現できました。これまでに、日本の高校生がアメリカに特許出願した事例はあるのでしょうか。
Our project has filed first US patent application on January 13, 2016. The invention is made by high school students in Nagano prefecture. This application could be achieved with assistance by Mr. Michael Hilton, US patent attorney and his secretary, Ms. Dunaway. We are not sure as to whether any Japanese high school students have filed US patent application.

2016/1/24

新たに、小学3年生のお子さんの発明を2件お受けいたしました。物干し竿の発明です。担当は弁理士の大倉宏一郎先生にお願いしました。We newly received two inventions made by third grade elementary school students. It is a laundry pole. We asked patent attorney, Mr. OHKURA, Koichiro to draft patent application documents.

2016/1/15

弁理士の町田能章先生がプロジェクトをアシストしてくれることになりました。Patent Attorney, Mr. MACHIDA, Yoshiyuki assists our project.

2016/1/7

「一般社団法人こたえのない学校(http://kotaenonai.org)」様のご紹介で、小学3年生のお子さんの発明をお受けいたしました。魚の骨を簡単に取り除ける器具の発明です。担当は弁理士の玉利房枝先生にお願いしました。We received an invention made by third grade elementary school student through the general incorporated association "KOTAENONAI GAKKOU(http://kotaenonai.org)". It is an equipment for easily removing bone from a fish body. We asked patent attorney, Ms. TAMARI, Fusae to draft patent application documents.

過去のトピックス Past Topics

こども発明プロジェクト
世話人 弁理士 山崎幸作

Children Invention Projects

Organizer, Patent Attorney YAMAZAKI, Kosaku

「こども発明プロジェクト」は、登録商標です。
"Children Invention Projects" is a registered trademark.