本文へスキップ

こども発明プロジェクトは、こども達の発明を応援します。

  東京都中央区八重洲1-8-17 6F

 山崎知財研究所株式会社内

保護者/先生方へf0r parents/teachers

 

 こども発明プロジェクトは、子供達が考えたちょっとしたアイデアを無料で特許出願するプロジェクトです。我々は、子供達に、深く考える機会、自分のアイデアを形にする体験、を提供します。子供達は将来、社会に貢献できる貴重な人材になってくれるでしょう。
 もちろん、こども達と親御さんや、生徒さんと先生方の共同発明も本プロジェクトの対象です。協力して発明をすることで、親子の絆や生徒さんと先生方の連帯感が深まるのではないでしょうか。
 担当弁理士の先生方や事務局との連絡は基本的にメールで行い、必要に応じて電話やスカイプなども利用する場合があります。この点で、こども達のサポートをお願いいたします。
 本プロジェクトは、企業・個人等のサポーターによって支えられています。また、サポートする弁理士は現役のプロフェッショナル達です。弁理士は発明の内容を秘密にする義務を負っていますので、ご安心ください。
 特許出願は通常、出願から1年半を経過した時点で特許庁により公開されます。1年半を経過する前に公開することも請求により可能です。公開前であっても、こども達、保護者又は先生方の同意を得た場合、サポーターの方々に特許出願の内容を開示する場合があります。
 本プロジェクトが支援するのは、最初の特許出願の手続きだけです。実際に特許を取得するためには、特許出願から3年以内に出願審査請求という手続きが必要です。この出願審査請求には、最低でも12万円程度の印紙代が必要です。また、審査の過程でさらに費用が発生する場合があります。更に、審査をうまくパスして特許が登録されるときにも費用が必要です。
 本プロジェクトでは、学校や地域イベントなどで、ワークショップ「発明・特許申請にチャレンジしよう」を開催することができます。詳しくはこちらの発明チャレンジをご覧ください。


 

 Children Invention Projects intends to file patent applications (without fees) for little ideas created by children. We provide children with an opportunity to think creatively and to experience the physical embodiment of their own ideas. The children are invaluable in contribution to our society in the future.
 Needless to say, invention created in collaboration with children/parent or students/teachers can be supported by CIPs. Through this collaborative invention system, the relationship between children/parents and students/teachers will be deeply established.
 Communication with a patent attorney and/or organizer can be basically conducted via email, although telephone or Skype calls/conferences can be used in some cases (group discussions for example). In this regard, please assist and support children.
 CIPs is supported by companies and individuals alike. The patent attorneys supporting the children are active professionals. All patent attorney is obliged to keep every invention private and confidential so please feel free to talk to them in strictest confidence.
  Patent applications are usually published 1.5 years after the filing date by the Japan Patent Office (JPO). It is possible to request an early publication within 1.5 years after the filing date. We may disclose the patent application to the supporters before the publication if we are authorized to do so by the children and parents/teachers.
 CIPs assists only initial fee for a patent application. In order to aquire an actual patent right, the appicant has to request an substantive examination within three years from the filing date. The official governement fee of at lease 120000 yen is required for the examiantion. In addition, some fee may be required during the substantive examination.Furthermore, an additonal fee is required if the patent application would successfully pass the examination.
 CIPs can provide our workshop "Challenge Invention, Patent Application" at school or local event. For more information, please refer to the Invention Challenge.



こども発明プロジェクト
世話人 弁理士 山崎幸作

Children Invention Projects

Organizer, Patent Attorney YAMAZAKI, Kosaku

「こども発明プロジェクト」は、登録商標です。
"Children Invention Projects" is a registered trademark.