本文へスキップ

こども発明プロジェクトは、こども達の発明を応援します。

  東京都中央区八重洲1-8-17 6F

 山崎知財研究所株式会社内

弁理士の先生方へf0r patent attorneys

 

 こども発明プロジェクトの目的は、子供達に、特許出願とそれに伴う出願公開を体験してもらうことです。子供達は、自分のアイデアが特許出願され公開公報に掲載され、J-PlatPatで検索できるようになることで、そのことに喜ぶと共に発明や特許出願に興味を持ってくれると思います。
 先生方の価値あるご協力で、未来の発明家が育ちます。これは、我々の社会の未来を変える強力な原動力になります。そのために、弁理士の先生方には、年に1度の社会貢献をお願いしたいと思います。具体的には、ボランティアで明細書を作成していただきたいと思います。進捗管理や期限管理、出願手続きは世話人が行います。
 こども達、親御さん、先生方との連絡は基本的にメールを通して行い、必要に応じて電話やスカイプなどを使う場合もあります。
 弁理士のような専門知識を持った方によるボランティア活動は、プロボノと呼ばれています。プロボノは、米国等で広く行われています。
 本プロジェクトは、ボランティアでご協力頂ける弁理士の先生方を常時募集しております。詳細は当ウェブサイトのお問合せページからお問い合わせください。


 

 Children Invention Projects intends to offer an experience of filing patent applications and associated publications to children. Children will be very happy and interested for their invention and patent application as they witness the processing of the application and publication containing their ideas and J-PlatPat in which their ideas can be searched.
 Future innovators will be cultivated with such valuable cooperation. This will be a strong driving force for changing the future of our society. To achieve this goal, CIPs would like to ask you for a social contribution once a year. Specifically, we ask you to draft a patent specification on a volunteer basis. A schedule control, due date management and a filing will be carried out by the organizer.
 The best method of communication for children and parents/teachers will generally be by email, although telephone and/or Skype calls/conferences may be used in some cases.
 The volunteer activity by persons with professional knowledge, such as patent attorneys is known as "Pro bono". The Pro bono system is widely used in the US.
 CIPs is always looking for patent attorneys who can cooperate with us on a volunteer basis. For more information, please contact us via the CONTACT page of our website.



こども発明プロジェクト
世話人 弁理士 山崎幸作

Children Invention Projects

Organizer, Patent Attorney YAMAZAKI, Kosaku

「こども発明プロジェクト」は、登録商標です。
"Children Invention Projects" is a registered trademark.